スカルマン

スカルマンについて紹介します。
スカルマンについて紹介します。

スカルマン
石森章太郎
(石ノ森章太郎)
の漫画作品、
またそれに登場する架空のヒーロー。
及び、
これを原典として製作された複数の作品。

原作の内容を思わせる情報の断片も語られているが、
ストーリーは原作とも島本版とも異なる独自のもの。
スカルマンは原作版のデザインを出渕裕がリファインし、
大幅に変更。
顔全体を骸骨の様なフェイスマスクで覆い、
コスチュームもダークなイメージを強調したものとなっている。
(原作版スカルマンの特徴でもある、
口部が露出したライダーマンの様なテイストは若干残している)

登場人物はスカルマン以外の石ノ森作品からの流用が多い。
───スカルマン


スカルマンのあらすじについて紹介します。
スカルマンのあらすじについて紹介します。

スカルマンのあらすじ』
ここは第二次世界大戦以降、
現実世界とは異なる歴史をたどり、
軍も存在する架空の日本。

時代は不明ながら現実日本と照らし合わせると、
昭和40年代に近い雰囲気を感じさせる。


某地方に位置する巨大な企業城下都市・大伴市。

近ごろ、官僚・政治家・女優らが
突然不慮の死を遂げる事態が立て続けに発生している。

当局が事故と発表したにもかかわらず、
人々は現場で目撃されたドクロの仮面をかぶった怪人

“ガイコツ男”の仕業だと噂していた。


この噂と事件にスクープのニオイを嗅ぎつけた
トップ屋・御子神隼人は、

生まれ故郷でもある大伴市に7年ぶりに足を踏み入れる。


かつては
“神楽”という名の山村に過ぎなかったが、

ある時に国家的大企業・大伴グループが進出。

その拠点としてからは過去を消し去るかの様に大規模に開発され、

今や“影の首都”とまで呼ばれる程の
発展と事実上の治外法権まで獲得するに至ったこの街で、

隼人は出合った。


“相棒”間宮霧子と。



果たして大伴市を襲う事件の真相とは?


そして

“ガイコツ男 − スカルマン −”

とは一体何者なのか?
───スカルマン


スカルマンの主題歌について紹介します。
スカルマンの主題歌について紹介します。

スカルマンの主題歌』
オープニングテーマ「ひかりのまち」
歌 - TOKIO、作詞・作曲 - 甲斐よしひろ、編曲 - 西村智彦
───スカルマン


エンディングテーマ「明日は明日の君が生まれる」
歌 - Chocolove from AKB48、作詞 - 秋元康、作曲 - 藤末樹、編曲 - 齋藤真也
───スカルマン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。