スカルマンすじ

スカルマンのあらすじについて紹介します。
スカルマンのあらすじについて紹介します。

スカルマンのあらすじ』

石ノ森版

この物語は
並はずれた能力を持ったスカルマンとなって
両親を殺した人間を追う神楽達男の物語である。───



達男は、
両親と同じように命を狙われたりもするが、
黒幕が誰なのかわからない。

スカルマンは手下の人造生物ガロを引き連れて、
昭和元禄に浮かれている日本に天罰を下すかの様に、

罪のない人までをも無差別に手をかける。


達男は黒幕が千里虎月という
政財界の大物であることをつきとめ、
千里を倒しに行く。


そこで達男は千里虎月と孫の麻耶に出会う。


虎月は達男の「祖父」で麻耶は「妹」である。



虎月は
人類を滅ぼしてしまえる研究を行っていた達男の両親に恐怖し、

その天才的な能力を引き継いで生まれた達男と麻耶をも殺害しようと決めた。


しかし、達男だけ両親の作ったガロに連れ去られてしまい、
このような状況になったのだ。

最後に達男とガロは
虎月に招かれるまま入った屋敷に閉じこめられる。



そして火を放たれ心中した。──────
───スカルマン


スカルマンの登場人物について紹介します。
スカルマンの登場人物について紹介します。

スカルマンの登場人物』
神楽達男(スカルマン
ガロ
千里虎月
麻耶
───スカルマン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。