スカルマンドラ

スカルマンの実写ドラマについて紹介します。
スカルマンの実写ドラマについて紹介します。

スカルマンの実写ドラマ』
2007年4月21日深夜2:00 - 2:30に、
アニメ版の前夜祭的イベントとして
単発実写ドラマ
スカルマン〜闇の序章〜』

フジテレビにて放送された。
東海テレビではその翌週5月4日金曜深夜3:40-4:10に放送され、
この回のみスポンサー無し。

アニメ版のプロモーション用に制作された
スーツが好評だったため企画されたもの。
そのためか、
オープニング映像は実写とアニメを組み合わせたものになっている。
(アニメ版のオープニング映像とは異なる)
スカルマンのスーツは
プロモーション用のものをほぼそのままの形で使用。
(マスクのみ視界を確保するため新造)
プロモーション時のモデルの体型に合わせて作られたもので、
アクションを想定していなかったため非常に動きにくく、
「これを着てもアクションができるスーツアクター」
という理由で伊藤慎が起用されたという経緯がある。

本作では背景をすべてCGで表現しており、
アニメチックな世界で実存する役者が演技する
という特殊な雰囲気が作り出されている。
この演出を実現する為にクロマキー処理を必要とすることから、
撮影は全編グリーンバックだけのスタジオで行われた。
この撮影で俳優陣が強いられた苦労は並大抵のものではなかったようで、
細川茂樹は雑誌のインタビューでその様子を語っている。
───スカルマン


スカルマンの登場人物(キャスト)について紹介します。
スカルマンの登場人物(キャスト)について紹介します。

スカルマンの登場人物(キャスト)』

高明寺倫子
演 - 鈴木亜美

大伴製薬に勤務するオフィスガール。
職場を同じくする小角と結婚を間近に控えた幸福の反動か、
悪夢にうなされる日々をおくる。
───スカルマン


小角弘志
演 - 細川茂樹

大伴製薬研究員。
婚約者である倫子に、
ある提案を持ち出す。
───スカルマン


スカルマン
演 - 伊藤慎

倫子の悪夢に出現する、
髑髏を模した仮面の者。
その正体は完全なる謎に包まれている。
───スカルマン



※以下劇中での役名表記無し。

演 - 平賀雅臣
演 - 浅里昌吾
演 - 稲垣鈴夏
演 - 吉野真希
演 - 川名求己
演 - 中野賢一朗
演 - 江澤大樹
演 - 南辻史人
演 - 徳永淳
演 - 堤匡孝
演 - 青木一
声 - 川澄綾子[3]
アナウンサー
演 - 松尾翠(フジテレビアナウンサー)
───スカルマン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。